アポロフィールダー ロイヤルsynm-WeftG:京都太秦しぜんむら - 6349f

2019-11-03
カテゴリトップ>商品シリーズ別>商品シリーズ-2>魔法のコンセント アルファジーニアス>アポロ 土地のイヤシロチ化製品
アポロフィールダー ロイヤルsynm-WeftG

ブルーとゼロの両方の性質を持つフィールダー。自然本来のバランスを持つ『フリーエネルギー』を放射し、場に働くエネルギーに改善します。

『フリーエネルギー』とは全ての物質や生命の源となる力です。バランス良く調和し、全てを整えてくれるエネルギーです。
設置方法:
一戸建て住宅:エネルギー循環を高めるため、約50cm掘ってブルーを下に向けて縦に埋めます。
また、50cm掘れない場合などは横向きに埋めていただいても大丈夫です。
マンション:「ブルー」を下にして、建物の中心に近い場所に置きます。(画像あります)
他にもプール・池・湖に差すと、ハイレベルエネルギーが励起伝播します。
畜舎や農地にも病気にかかりにくく、農作物もイキイキ育ちます。
製造国: 日本
サイズ: 直径約30mm×260mm
材質: チタン・磁石・特殊有機質体・無機質体
※アポロ製品使用後の変化・体感には個人差があります。
また現在の科学ではこのような変化・効果を実証するための試験・実験が存在しないため、 合理的根拠を示すデータのご用意はできませんので、この点ご理解の上ご選択下さい。

商品タグ:アルファジーニアス 土地改善 イヤシロチ お取り寄せ 一戸建て住宅 住宅用品 住宅グッズ 便利 便利グッズ 便利アイテム 電磁波対策 電磁波カット 電磁波防止 電磁波防止グッズ


>>アポロ 土地のイヤシロチ化製品の商品一覧


毎日の暮らしに幸せを呼ぶ
ハイレベルエネルギーで“場”を転換
土地や建物に「アポロ・フィルダー」「あわしん」
車に「アポロ・シン・シン」 高次元エネルギーでどこでもイヤシロチ化

生活空間をまるごと快適で良い場に!
土地も車の中もイヤシロチ!

たとえば神社のように、自然と気持ちのいい“場”ってありますよね。
そういった場は、古くから“イヤシロチ”と呼ばれてきました。
アポロ製品は、土地にさすだけ、部屋に置くだけ、車に装着するだけ。
現代に“イヤシロチ”を再現してくれます。

「アポロ・フィルダー」でイヤシロチに
“場”を変えて、暮らしに幸せを呼ぶ

「アポロ・フィルダー」の使い方はいたって簡単。電源に接続するなどの手間はなく、地面にさすだけで、土地全体がハイレベルエネルギーを放出する場に変わると考えられます。現代の科学ではまだ解明することのできない分野ですが、この世に存在するあらゆる物質からは、なんらかのエネルギーが発生しているといわれています。これが高次元(ハイレベル)になると、宇宙のように生命を育む要素を持つそうです。

ハイレベルエネルギーは伝播する性質を持っています。つまり、結界のように区切りを作るものではなく、良いものがどんどんと伝わり、どんどん広がっていくということ。だから地面にさすだけで、マンションやビル、一戸建、倉庫、工場などを、まるごとイヤシロチ化することができると考えられるのです。
ちなみに、この製品の開発者であるアポロ科学研究所 代表取締役の末廣淳氏によると、「アポロ・フィルダー」は“地のエネルギー”を持つそうで、これと対になるのが、“天のエネルギー”を持つ「光波動コースター」。2つを併用すると、天と地のエネルギーが循環して、さらにパワーアップするそうです。

「アポロダブルシンフィルダー」とグローバルサーキット

地球上には30億アンペアの地電流が東から西に流れているといわれています。地球の大気中には、雷の放電などの電気に関係した現象が見られます。雲の中だけではなく、晴天時でも大気中には電場が存在していることが知られています。
地球表面はマイナスの電荷を帯びています。一方、上空にはプラスの電荷で帯電した電離層があり、地球表面との間には約300kV(キロボルト)の電位差が保持されています。地球表面(マイナス極)と電離層(プラス極)の間の大気は誘電体(静電気作用を伝える絶縁体)を形成し、巨大なコンデンサーとなっています。
大気中では太陽光等によってイオンが作られているため、大気は完全な絶縁体ではなく電気が流れます。このまま放っておくと地球表面と電離層の電位差は消失するはずですが、実際にはこの両極間の電位差はずっと維持されています。
これを維持するためのメカニズムとして現在考えられている有力な説は、全地球上の雷活動が発電作用となり、電離層と地球表面とを結ぶ地球規模の電気回路(グローバル・サーキット)を形成しているというものです。

→  電離層(+)  →

(雷活動による発電作用)

(大気中に流れる電流)
←  地球表面(−)  ←

地球上には30億アンペアの地電流が東から西に流れているといわれています。地球の大気中には、雷の放電などの電気に関係した現象が見られます。雲の中だけではなく、晴天時でも大気中には電場が存在していることが知られています。
地球表面はマイナスの電荷を帯びています。一方、上空にはプラスの電荷で帯電した電離層があり、地球表面との間には約300kV(キロボルト)の電位差が保持されています。地球表面(マイナス極)と電離層(プラス極)の間の大気は誘電体(静電気作用を伝える絶縁体)を形成し、巨大なコンデンサーとなっています。
大気中では太陽光等によってイオンが作られているため、大気は完全な絶縁体ではなく電気が流れます。このまま放っておくと地球表面と電離層の電位差は消失するはずですが、実際にはこの両極間の電位差はずっと維持されています。
これを維持するためのメカニズムとして現在考えられている有力な説は、全地球上の雷活動が発電作用となり、電離層と地球表面とを結ぶ地球規模の電気回路(グローバル・サーキット)を形成しているというものです。

実際の設置現場・設置例

土地の中心に穴をほり、そこに「アポロダブルシンフィルダー」を入れます。
※画像は旧アポロ・フィールダーです

垂直になるように差し込みます。

最後に土をかぶせ埋めます。

アポロ・フィルダーは生命の形?

アポロ・フィルダーの本体全体に使われているチタンは、生命に同調しやすい金属といわれ、そこにアポロ特殊加工が施されています。アポロ特殊加工は、物質に高次元のエネルギーを持たせるもの。高次元のエネルギーとは、宇宙のエネルギーと同じく、生命をはぐくむ力を持つと考えられます。またフィルダーの内部には強力な磁石が、そして本体には螺旋状の模様が刻まれています。これらすべてが合わさり、フィルダーは右螺旋状のエネルギー回転をもつと考えられます。実は、生命の設計図といわれるDNAやこの星を抱く銀河も、右螺旋の回転を持っています。アポロ・フィルダーは生命の形を再現したものともいえるのです。

これらは現代の科学ではまだ証明することのできない、あくまでも仮説の話ですが、アポロ製品の不思議の一端として、お役立ていただけましたら幸いです。

「ブルー」と「ZERO」の違い

現代の科学では立証することができない仮説になりますが、この世に存在するすべての物質には螺旋状のエネルギーが働いており、右回転は秩序を保つ集中のエネルギー、左回転は秩序を乱す拡散のエネルギーである、という考え方があります。
アポロ科学研究所の製品もこの考えに基づいており、開発者の末廣淳朗氏によると、ブルーは右螺旋状のエネルギー、ZEROはそれを集約し浄化するエネルギーを持つそうです。
したがって、土地や建物などをイヤシロチ化したい場合には、まずは場のエネルギーを右螺旋状の良いものにしてから、それを集約すると効果的と考えられます。
現在のアポロ・フィールダーは、そのブルーとZEROが一体化しています。

「ブルー」と「ZERO」両方を合わせ持つアポロ・フィールダー

以前のアポロ・フィールダーは「ブルー」と「ZERO」が分かれておりました。
エネルギー状態が悪い(左螺旋状)にある場合、まずはブルーを使ってエネルギー右螺旋状にし、その後ZEROを使うことによって集約し浄化するエネルギーにしていくものです。これを1本にすることで、右にも左にもバランス良く調和しすべてを整えてくれるエネルギーになります。

土地や一戸建て、建物全体の本格的なエネルギー改善には大を、お部屋や大までは必要としないレベルのエネルギー改善には小をご活用ください。また外出時には、「ピッコロシン」を活用ください。
カバンに入れたり車に置いたりと、生体にとって心地よい場をつくることができます。右にも左にもバランスよく調和し全てを整えてくれるエネルギーです。

 
価格
324,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜2営業日以内に発送
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く