【古田俊博氏選定品】V.Bach Vincent37 SP 【Bb トランペット】:池部楽器トランペットステーション - d0e82

2019-10-09
カテゴリトップ>トランペット本体 価格別検索>150,000円〜199,999円>Bb トランペット
【古田俊博氏選定品】
V.Bach Vincent37 SP
【Bb トランペット】
Vimcent Bach
1890年、ウイーンで生まれたヴィンセント・シュローテンバッハ(Vincent Schrotenbach)は壮麗なサウンドに惹かれてトランペットの演奏を始めます。
ヴィンセントはまた、技術の才に長け、機械工学の学位を習得しますが、将来を約束されたエンジニアとしての道ではなく音楽家としての道を進みました。英語読みの芸名「ヴィンセント・バック」として、ヨーロッパ各国でリサイタルを行い優れたソリストとして名声を高めました。

第一次世界大戦を契機としてアメリカに渡り、ボストン交響楽団、メトロポリタン歌劇場管弦楽団の第一トランペット奏者として活躍ストラビンスキーの火の鳥やペトルーシュカのアメリカ初演も行います。演奏活動を続けているうちに、マウスピースの重要性を痛感し、高品質のマウスピース製作への情熱に目覚めたヴィンセントはニューヨークのセルマー・ミュージックストアの裏に工房を作り、マウスピースの改造と製作を始め、研究に明け暮れます。

そして1918年に、本格的にマウスピース製作を始め、バック最初のトランペットは、1924年に生まれました。
演奏家は、これはまさに、トランペットにおけるストラディバリウスだ、と評しました。バック・ストラディバリウスモデルの誕生です。

そしてヴィンセントが70歳を迎えた1961年、自分のコンセプトを後生に伝えるために、多数の高額なオファーを断りバックの工場を以前から親交の深かったセルマーUSA社(現コーン・セルマー社)に委ねました。
1976年に亡くなるまで、ヴィンセントはバックの楽器デザインと製造に密接に関わり続け将来創りたかった楽器にまで及ぶ数千枚の詳細な設計図とマニュアルを遺しました。現在に至るまで、バックは最高の金管楽器として、世界中のあらゆるプレーヤーに愛され続けています。


・Vincent 37 (ビンセント37)
プロから初心者まで、あらゆるジャンルで絶大的な人気で最も使用されるバック「37 ベル」「25 マウスパイプ」を、遂に「ビンセント」に採用した待望のトランペットです。
「ビンセント」は重厚で美しいサウンドを目指しているのに対し、「ビンセント37」は明るく響き、どなたにも吹きやすいのが特徴です。

仕様
・調子:Bb管 トランペット
・ベル:37ベル(2枚取り)
・ボアサイズ:ML(.459")
・仕上げ:SP(シルバープレート仕上げ)
・付属品: ケース、マウスピース、バルブオイル

V,Bach
≪V.バック≫
Vincent 37 SP
Bb トランペット
 
 
 
価格
180,000円 (税込194,400 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
売り切れました

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く