MAXTONE ( マックストーン ) CL-50 木製 クラリネット 新品 スタンダード B♭ ベーム式 管体 エボニー 初心者 管楽器 本体 ケース clarinet 【 CL50 セット B】 送料無料:ワタナベ楽器 SHOP - 23b78

2019-10-06
カテゴリトップ>楽器>管楽器&弦楽器>【マックストーン/ゼフ】
MAXTONE ( マックストーン ) CL-50 木製 クラリネット 新品 スタンダード B♭ ベーム式 管体 エボニー 初心者 管楽器 本体 ケース clarinet 【 CL50 セット B】 送料無料

本来持つ楽器の精度は変わりませんが、安い楽器ほど調整によっての振り幅は大きいと思います。調整のご要望など、ご希望がございましたらお気軽にご相談下さい。

美しい木目の木製クラリネット!


お安いながらしっかりとメーカーの保証書付きですので安心してお求め頂けます。

一般的なB♭のクラリネットです。コストを減らし新品でも木製がここまで安くご提供させて頂けるようになりました。

プラスチックで製造するとコストが削減されますので、5万円以下のクラリネットは基本的にプラスチックです。

しかしながら本来クラリネットは木製(木管楽器)のもので、木製だからこそ得られるまろやかな音色。豊かな倍音。これはプラ管ではどうがんばっても難しいのです。

クラリネットは高音にいくほど音が悪くなる傾向にあり、キーッといった煩わしい音が出てしまうことも多く技術が必要になります。よって耳障りでない音を求められることも多いのですが、それを楽器で軽減させることができるというのは大変メリットでもあるのです。

とはいえ、プラスチック管にもメリットがあります。気候の変化に強いこととお手入れの気遣いの違いです。本格的な音色や演奏を求めなず、練習量も少なくいつ飽きるか分からないという気軽にはじめられる方にとってはプラ管もおすすめなのです。

プラスチックですと音色に限界を感じられることも多いかと思いますが、こちらの木製本体であれば、マウスピース、リガチャー、リードを良いものにすればまだまだ可能性は広がることでしょう。ちなみに古いヤマハマウスピースを装着したところ、そう違和感なくセットできましたので、加工をそう施さずとも一般的なマウスピースへの変更も可能かと思われます。

エボニーを使用しておりますので、個体差はありますが、色は少し明るめの木かもしれません。ベルだけ明るめな場合がありますが、品質に違いはございません。自然のものでありご理解下さい。ですが、その分美しい木目を感じられるかと思います。ベル先端までしっかりと厚みがあり重厚感を感じられます。



▽ゼフ ZCL-65との違い

マックストーンとゼフは同じ卸メーカーが輸入している製品です。マックストーンが上位モデルにあたるのですが、吹きやすさ(音のだしやすさ)と音色の重厚さにおいてはどちらかというとこちらのCL-50の方が良いのです。ピッチの安定感についてはゼフの方が少し良いように思います。またゼフは高級モデルに多い革タンポを使用している点も気密性と耐久性に優れているポイントです。(一般的に多く使用されているタンポはフィッシュスキンタンポ)CL-50はバレルは1個、ZCL-65はバレルが2本付いています。他ケースにも違いがございます。

MAXTONE CL50 B♭ Clarinet マックストーン CL-50 エボニー製 Bフラット クラリネット

■楽器 管楽器 Bフラットクラリネット Bクラ
■調子: B♭調
■システム:ベーム式17キィ6リング
■素材:木製 エボニー
■キー仕上げ:銀メッキ
※細かい仕様、また画像と若干異なる場合がございます。


セット内容

■クラリネット 楽器 本体...スタンダードなB♭クラリネット。一番主流なタイプです。
■ハードケース
■保証書...自然故障のみ無償にて修理が可能です。
■マウスピース...これがないと音がなりません。口にあてる部分です。
■リガチャー...リードをセッティングする際に使用する器具。とても繊細な部分です。
■リード...消耗品で、また少しのことで割れてしまうので、複数持つのが普通です。
■マウスピースキャップ...リードの割れを防ぐキャップです。演奏しないときには付けておきましょう。
■グリス...接合部分のコルクに塗ることでスムーズに組み立てができます。毎回の使用は必要ありませんが、必需品です。
■スワブ...演奏後は必ず内部の水分を取ってお手入れしましょう。
■練習用リード10枚...リードは消耗品で何枚あっても足りないくらいです。
■マウスピースパッチ...マウスピースの前歯のあたる部分に貼るシール。アンブシュアの安定、前歯の痛さ軽減に。
■クリーニングペーパー...演奏後はタンポの水分をしっかり取りましょう。
■パウダーペーパー...水分を取った後に使用。ベタ付きを防ぎます。
■キイオイル...キイの潤滑剤。定期的に注油を。
■クロマチックチューナー...いつでも音程が同じとは限らない管楽器にはチューナートレーニングがおすすめ。

※細かい仕様、また画像と若干異なる場合がございます。また、画像の教本は実際のものとは異なる場合がございます。

中国などアジア圏製造の楽器について

中国製の評判はネットでも良く言われませんが出た当時から比較したら随分品質もよくなってきています。否定意見をお持ちの多くの方は、きっと演奏する技術と耳を持った方だと思います。本格的に学校での部活や楽団に所属しコンクールなどを目指すレベルにいる場合と、あくまで個人でひとりで初めて楽器を演奏する方では目的が異なりますよね。 吹奏楽での使用であれば最低ラインはヤマハ、ジュピターになり予算でいうと目安としてプラスチック製で7万円以上の金額を出せるかどうかが境目になると思います。その価格が 予算的に無理であればブランドものはあきらめるしかありません。ただ、どこかに所属される場合は必ず相談のうえ自分の楽器を決めましょう。というのは、管 楽器といえば、「オーケストラ」「クラシック」というイメージですよね。わたし個人的には、気軽な軽音楽と比較して、基礎に忠実、ピッチ にシビア、伝統を大事にする世界だと思います。わたしが学生の頃には楽譜を読めない苦労に悩まされました。なぜならピアノを習っている人がやっぱり多いの です。そのような中の一員になるということは、人に求められる音や技術が高いと思います。それを再現するものが自分の楽器ですので、その楽器がしっかり応 えてくれるレベルのものかどうか...やはり品質は価格に比例するのです。中学の吹奏楽部で使用する楽器であってもコンクールを目指す学校の部員達のほとんどは数十万の楽器が普通、ということもございます。かといって、そのままプロになるかというと、そういうことでもありません。きっと、そういう世界なんです。 とはいえ、全ての方に安い楽器をおすすめしないかというとそうではありません。お金を出せば良い楽器が手に入るのは当然です。ある程度演奏ができる方で生涯 1本目の楽器を使い続けるというのはあまりありません。あなたは今、各メーカーの音の違いが分かりますか?ざっくり言いますと、楽器は高額なものになるほ ど「個性」が強くなります。楽器選びは好みや演奏性が決め手になりますが、それには練習し技術と耳を養う必要もあるのです。「それまで」の楽器になにを選 ぶか、どういう目的でどれ選ぶか、少し見えてきませんか?管楽器は取り扱いに注意も必要です。初心者に扱い易いものは、丈夫で、高額なメンテナンス料の心 配が少ない、アフターケアがしっかりしているものです。ブランドものの中古や無名の楽器を買って使い捨てになっては意味がありません。もう一度、どのような環境でどういった目的で買うか考えてみてください。



Bフラット 木製クラリネット 吹奏楽 ブラスバンド 練習用
価格
50,278円 (税込54,300 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
在庫あり
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く